人と地球にやさしい一歩先行く雑貨屋さん りんくは、通販やイベント・算命学鑑定・教室向けルームレンタルを行っております。

フェアトレード・チョコレート ミルク

おいしい、やさしいチョコレート♪ 販売価格350
update2017年11月01日(Wed)
フェアトレード・チョコレート ミルクの写真

型番P-077922
数量

口当たりまろやかで、子どもにも大人気!
ボリビアの有機カカオとフィリピンで有機栽培されたマスコバド黒糖を使い、スイスのチョコレート職人達が丹念に仕上げたこだわりのチョコレート!
添加物や遺伝子組み換えされた素材は使っておりませんので、安心してお召し上がり下さい。


☆生産国☆ スイス
☆種類☆ ミルク☆原材料☆ 砂糖(黒糖)、ココアバター、全粉乳、カカオマス、粉状ヘーゼルナッツ、バニラ
※フェアトレード・チョコレートに使われているカカオ豆、きび糖、全粉乳、コーヒー、ヘーゼルナッツ、ラム酒、オレンジ・エッセンスは、ヨーロッパの有機認証機関の厳正な審査に合格したオーガニック素材です。
☆サイズ☆ (縦) 13.5cm、(横) 4.5cm、(厚さ) 1cm
☆内容量☆ 50g
☆提供☆ フェアトレードカンパニー株式会社


●チョコレートにまつわる、ちょっと苦いお話
ILO(国際労働機関)の発表で、西アフリカのコートジボアール、ガーナ、ナイジェリアなどにあるカカオ農場で、何十万人もの子どもが危険な仕事に携わっている事が分りました。その多くはマリやトーゴ、ブルキナファソなど、アフリカでも特に貧しい国の出身でした。これはいったい何を意味するのでしょう? 2005年7月、アメリカの人権保護団体「インターナショナル・レイバー・ライツ・ファンド」がコートジボアールのカカオ農場で働いていた元児童労働者を代理して、大手チョコレート会3社を提訴しました。訴訟内容によると、隣国のマリから連れてこられた子どもたちが、無報酬で毎日12〜14時間働かされていたというのです。貧困にあえぐ西アフリカ諸国では、「通学できて、仕事にも就ける」という言葉を信じ、親が子どもを1人15〜30ドル(約1700〜3500円)で人身売買ブローカーに引き渡していたといいます。子どもたちは、カカオやゴムなどの農場で働かせられたり、女の子は性的搾取の対象とされることもあるのです。 カカオ農場での児童労働の問題は90年代から指摘されており、2001年に世界のチョコレート業界は共同声明に署名、ようやく児童労働撤廃の必要性を認識しましたが、安価で大量生産するために根づいた悪習は、いまだに多くの子どもたちを傷つけています。 日本で使われるカカオ豆の80%はガーナ産。いつも食べているチョコレートが子どもたちの犠牲の上で作られたものではないことを消費者が知るすべはありません。ピープル・ツリーは、生産者の権利を守る貿易「フェアトレード」で、大人たちが公正な賃金を得て栽培したカカオ豆だけを使ったチョコレートをお届けしています。幸せな気持ちを運ぶチョコレート。作る人も幸せになれるものを選んでみませんか?(フェアトレードカンパニー発行小冊子より)

世界の子供を児童労働から守るNGO ACE http://acejapan.org/choco/project/
フェアトレードのカカオで防ぐ貧困と環境破壊 http://mscience.jp/cocoa.htm
農業における児童労働の実態(カカオ) http://www.ilo.org/public/japanese/region/asro/tokyo/ipec/facts/sectorial/agricult/05.htm
チョコレート・ココアについてのマメ知識 http://www.chocolate-cocoa.com/
チョコレボの活動 http://www.choco-revo.net/
書籍


<フェアトレード・パートナー>
●ボリビアのカカオ豆
フェアトレード・チョコレートの原料になるカカオ豆を栽培しているのは、ボリビア北部アルト・ベニ地方の小規模農民の人々。肥沃な土壌を活かして、化学肥料や農薬を使わない、自然な有機栽培でカカオを育てています。1960年代、生産物の輸送手段を持たなかった農家の人々は限られた仲買人に作物を売るしかなく、買い叩かれたり計量をごまかされても抵抗できませんでした。そこで農民たちは、自力で作物を出荷できるよう共同でトラックを購入し、77年に組合「エル・セイボ」を結成。83年に途上国の協同組合としては初めて、自分たちで運営するカカオ加工工場を設立しました。


フィリピンの黒砂糖
マスコバド黒砂糖の生産地、フィリピンのネグロス島では、80年代半ば、砂糖の国際市場価格の暴落によって飢餓に苦しみました。当時アメリカへの白砂糖の輸出に頼っていた人々は自分たちの手で暮しを立て直し、経済的に自立しようと伝統的なマスコバド黒砂糖の生産を復活させ、輸出することにしたのです。この砂糖は、チョコレートの原料になるほか、製品として日本にも届けられ、サトウキビ農家の人々の生活を支えています。


●スイスのチョコレート工場
各国から届けられた材料をおいしいチョコレートに仕上げているのは、スイスにある1933年創業の家族経営の小さなチョコレート工場。フェアトレードオーガニックの価値観を共有する職人たちの手によるものです。工場にはヨーストさんお手製のユニークでエコロジカルな調温システムがあり、使われる電力と水を大きく削減しています。また、チョコレート加工の各段階にも「職人技」が光っています。例えば、原料に使うマスコバド黒砂糖は、豊かな栄養分とともに水分を多く含むため、最低でも10日以上、時によっては2ヶ月もかけて乾燥します。さらに、「練り」の段階では、納得のいく滑らかさが得られるまで約72時間も練り続けるのです。

今月のおすすめ品

インフォメーション
フェアトレードの雑貨屋『りんく』/国際協力のできるお店(鹿児島)

フェアトレードの雑貨屋『りんく』/国際協力のできるお店(鹿児島)

TEL:099-225-1330/FAX:099-225-1330

鹿児島市東千石町20-16


HOME > オンラインショッピング > フェアトレードチョコレート > フェアトレード・チョコレート ミルク
上部へ戻る

メルマガ会員募集中

バッグ
財布&ポーチ
アクセサリー
衣料品
雑貨
食品
エコロジー雑貨
布ナプキン
しあわせのたね
インフォメーション

〒892-0842
鹿児島市東千石町20-16 りんくビル2F
TEL・FAX (099)225-1330

地図はこちら

フェアトレードの雑貨屋『りんく』/国際協力のできるお店(鹿児島)
http://www.link-k.com/

●お支払について

●代金引替がご利用頂けます。
●郵便振替がご利用頂けます。
※全て別途、手数料が掛かります。

 

●営業時間

11:30〜19:00が営業時間となります。
定休日は毎週木曜日となっております。
お問い合わせに対する回答や受注確認メールは、通常いただいた当日か、翌営業日にお送りしております。 

 

●個人情報の取扱について 

当店ではお客様から得た個人情報を、当店の業務遂行以外(メールマガジン・注文確認・発送通知など)にのみ利用し、裁判所・警察機関等、公共機関からの 提出要請があった場合以外の第三者に譲渡または利用する事は一切ございませんので、どうぞ安心してご利用下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

●配送

・ヤマト運輸または、郵便でお届け致します。
通常ご注文を頂いて3営業日以内に発送いたします。
配送時間や配送会社の指定をされる場合は、別途料金がかかる場合がございます。ご了承下さい。
送料については"コチラ"をご覧下さい。

※特典
●3,000円以上(税抜)のお買物をされる方、
「代引き手数料無料」
●10,000円以上(税抜)のお買物をされる方、
「代引き手数料&送料無料」
注:条件によりサービスできない場合もございます。詳しくはお問合せ下さい。

 

●返品について

未使用なものに限り承っております。
商品に問題があった場合は当店が返送料を負担いたします。お客様都合でのご返送の費用はご負担をお願いしております。

●お店の場所・お問い合わせ先はこちら

 

りんくのこだわり